Home独り言 予防接種 №2  子宮頚がん

独り言 予防接種 №2  子宮頚がん

独り言 

予防接種 №2  子宮頚がん

予防接種は3歳まではしない方が

免疫的にはリスクが少なくなるのでは

と思います。

自然が母乳から与えてくれる

免疫の方が大切です。
特に都会人はなるべく自然の働きに

任せる方が良いと思います。

劣悪な生活環境なら別ですが?

予防接種神話によって

免疫力の確立していない乳児に

沢山の菌を入れて、もし問題が起きた時

誰が責任を取るのでしょう?
国が19年間誰も責任を取ることなく、

裁判で決まるまで(独り言 №1 予防接種

乳児の予防接種こんな雑誌の記事見出しがある。)

被害にあった人達は泣き寝入りです。
私の体験  子宮頚がん

九州の方からのご相談

中学1年生の女の子のお母さんから

電話相談がありました。
中学生の女の子さん

子宮頸がんワクチンを投与しているお医者さんの目の前で

ふらふらして倒れてしまったそうです。

お医者さんもびっくりして、国に問い合わせたそうですが、

案の定!「その子の体質が悪い」と取り合ってくれず、

3ヶ月休学して居たらお医者さんがうつ病にしてしまいました。

お母さんやっと誰も何もしてくれないと気付き、

自分で治すしかないと、電話してこられました。
何もしてくれなくて良かったですね!

薬漬けになっていたら、大変でした!
どんな相談の時も、先ず栄養補給をします、

野草のお茶(33種類)、発酵熟成食品(30種類)

特にワクチンの解毒をするために子供さんに

1日中発酵熟成食品(30種類)、野草のお茶(33種類)を

飲んでもらいました。

お母さんに手当の仕方をお伝えしました。(30分法)

 

60種類の消化の良い食べ物の材料で

命さんにワクチンの解毒と細胞の作り替えをしてもらいます。

手当法は本能で、痛いところに手が行きますので、

それを治るまで手のひらを当てるのが基本です。
1日1回電話でパワーをしました。

途中子供さんも参加して、3人でパワーをしました。

1週間後子供さんは、学校に行けるようになっています。
お医者さんも国も、この子に害を与えただけで

何もしてくれませんでした。

 

予防接種はリスク回避が公表できるまで、任意にすべきで、

強制して陰でお金儲けをしている人たちを、排除すべきです。

予防接種を推進する、無知な地方の行政さんや保健婦さんたちは

罪の意識が必要です!

 
詳しくは→ http://www.teianmura.com/

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

最近のコメント