Home独り言 №1 予防接種

独り言 №1 予防接種

独り言 №1 予防接種
乳児の予防接種

こんな雑誌の記事見出しがある。

「注射や薬はやっぱり恐ろしい!

予防接種禍裁判が教えてくれたこと

予防接種の被害に対し裁判所はやっと

国の責任をはっきりさせた。
予防接種というのは、伝染性のある病気から

社会を守るということで、全国民に義務的に行われています。

私たち国民の方も、怖い余病にかかったりしたら大変なので、

ほんの少しの間注射の痛みを我慢することによって

病気が予防できるのだったらと考えて、

予防接種を行っています。

子供の健康を願わない親はいませんから、

予防接種を受けさせる事は、親としての

愛情と考えている人も少なく有りません。

ところがその愛情が不幸を呼んでしまいました。

それが予防接種禍です。

健康だった子供たちが、予防接種の副作用によって、

様々な障害を背負わされてしまったのです。

その被害者たちが提訴していた裁判で、

 

1992年12月18日東京高裁は厚生大臣には

被害を生じる恐れのある禁忌者に

予防接種をさせないための十分な措置を怠った過失がある。

という主旨の判決を下し国に対し156人(61家族)に

総額約23億1千万円の賠償を支払うように命じました。

提訴から19年、長い裁判でしたが、この判決によって

注射の恐ろしさが再認識されました。

というより、私たちは、薬や注射の恐ろしさについて

あまりにも知らされていなっかたことき気づきました。」

以上 マナメッセ Vol.6の記事の引用です。

 

この裁判の裏に

エイズ事件と同じに行政と薬品業界とお医者さんの

ゆちゃくの構造があり、最近は子宮頚がんの予防接種に

問題が起こり、強制したり、任意にしたり、

国民を犠牲にしても、自分たちの欲を満たす人が

いるようです。

それを手伝っているお医者さんや保健婦さんも

もっと安全性の勉強が必要です。

犠牲者を出してからでは遅いのです。

日本人も安全に対して自己責任をとる為に

本当はどうかと、勉強する必要がありそうですね。

この国は国民への保証が遅く国民が犠牲になりやすい

ように思います。

 
詳しくは→ http://www.teianmura.com/

 

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

最近のコメント